*

2016年12月

集合住宅のリフォームは効果的!不動産経営の秘訣

不動産を所有してる人が、古くからあるアパートを賃貸として運用しているケースがあります。

賃貸のアパートは家賃相場が周囲の物件とあまり差がありませんが、そのアパートの築年数によっては大きく下がる場合もあります。

やはり新しくて、内装もきれいな方が人気がありますからね。

不動産経営はうまくリフォームを活用しよう

不動産経営の観点からすると、定期的な修繕ではなく、大規模なリフォームは物件の価値を高めますし、税金対策としても有効です。

物件があまりにも古いと借主が嫌がりますし、修繕費もかさみます。

しっかりとリフォームする方が、人気も出て、借りてもらいやすくなります。

もちろん、リフォーム費用は掛かりますが、その分を賃料に上乗せしても、借りてもらえるように業者としっかり打合せして、人気物件になるようにするのです。

ただし、現状で借主がいる場合は、リフォーム中の住居を確保するなど、いろいろと制約も出てきます。

集合住宅のリフォームは計画的に

契約時期などをしっかりと確認し、計画的にリフォームを行わなくては無駄な費用も掛かる事を理解しておきましょう。

一番良いのは、全員の契約終了と同時にリフォームに入り、終了した時点で新規の募集を行うのがベストです。

そうすれば、もっとも短期で工事を終わらせることが出来ますし、余計な費用がかさみません。

リフォーム工事の最中と言うのは、近隣に対しても迷惑をかけますから、出来るだけ早期に終了させるに越したことは無いですね。

そろそろ物件が古くなってきたなと思ったら、価値を高める意味でもリフォームを考慮して見てはいかがでしょうか。

参照 リフォームの営業マンは怪しい?実際にどういう活動をしているの?