*

電車の座席が窮屈な理由

東洋経済の記事で電車の座席が

窮屈な理由は肩幅にあったという

内容が出ています。

 

おしりの位置、スペースで座席が

つくられているけど、実際には

肩幅の方が大きいので余ってしまって

人とぶつかる、窮屈な思いをすると

いうようなことが書かれています。

 

確かにもっと広い座席の方がと

思うようなときはありますが、

現在でも満員電車の混雑問題が

ある中でさらに限られたスペースで

座れる人を少なくするなんて

選択肢は無理ですよね。

 

 

コメントを見ると

 

 

そもそも窮屈なところで隣に人が座ってるのにノートパソコン開こうとするなよ。

 

男性は肩幅もですが、足を大きく広げたり腕を組んで

座るから余計場所を取る。

 

 

両端が板状の場合肘は逃がせないが凭れて寝ることができるので

個人的には気に入っている。

 

そんな何十年昔の体格データでやってるから狭いんだよ。今の若い人は身長が団塊より高いんだから、大きめにしないと売れないのって言うでしょ。

 

データが少し古いかと思います。

今の人は、体格も良くなり、肩幅も大きくなってきているため、43.3センチでは窮屈と感じます。

 

普通に座るようにできているので、ノートパソコンやスマホいじろうとしたら肘が当たったっていう方が想定外だと思うんだけど。

 

 

今の長さで6人で掛けるのが自然だと思います。

 

 

とこのようにやはり狭さを感じる声が

多いようですね。

光目覚ましインティの口コミ



コメントする